スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

鏡餅マミさん

今年もブログの更新は頑張りません。
スポンサーサイト

S.I.C 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ

CIMG1703.jpg
タカ!クジャク!コンドル!
タ〜ジャ〜ドル〜!!


S.I.Cに仮面ライダーオーズ タジャドルコンボが登場。
映司の相棒アンクのコンボであり、最終回でも印象的な使われ方をしたこのコンボがSICアレンジでさらにかっこよく仕上がりました。
この造形美に惚れろ、いざご紹介!


CIMG1690.jpg
CIMG1691.jpg
CIMG1692.jpg
CIMG1694.jpg
フロント・リア・サイドビュー、そしてバストアップ。
元のデザインを活かしながらもこのアレンジ、かっこよすぎです。

CIMG1695.jpg
適当に動かしても様になる

CIMG1689.jpg
ゴゴゴゴゴゴ
ムキムキなのに気品があるのでジョジョ立ちがよく似合いますね。

CIMG1699.jpg
バァ———————ン

CIMG1696.jpg
メダルを専用の持ち手で保持することも可能。結構キツめに入れることになるのでポロリして紛失しないようにご注意を。

CIMG1697.jpg
分かりづらいですが、最終回でも印象的だったヒビ入りタカメダルも付属し、ベルトに装着することができます。
その他割れたタカメダルとタカクジャクコンドルのセルメダルも付属。

CIMG1698.jpg
<ギ・ギ・ギ・ギガスキャン!>
大きめにハッタリの効いたオースキャナーも良アレンジですね。

CIMG1701.jpg
能力解放。
この有無を言わさぬ迫力。劇中と比べかなり思い切ったアレンジですが、接地力という点では寧ろ良くなっていますね。
足の爪は可動します。またSICの性か非常に重いのでスタンドがほとんど意味を為していません。画像もかなりむりやり撮りました。

CIMG1700.jpg
プロミネンスドロップ!・・・もその重さに浮かせられなかったので床に置いて撮ってます。
このコンドルレッグ、まっすぐ以上に手前側に反らせることができるので横から見るとS字のような体勢をとれるので、メリハリの効いたポーズをとることができます。

CIMG1702.jpg
飛んでる感じで。

CIMG1705.jpg
ちなみにタジャスピナーの上部は取り外し可能なのでメダルをセットすることができます。

CIMG1708.jpg
羽は背中のアーマーの差し替えで装着。こんな感じについています。
フレキシブルに可動するので表情もつけやすい。

CIMG1704.jpg
S.H.フィギュアーツ タジャドルと。
劇中に近いアーツが細く見えるこの体型。そしてデカいよSIC・・・。
先述した足の湾曲はこの画像だと少しわかりやすいでしょうか。

CIMG1706.jpg
特に意味はないんですがDXガールズフィギュアプリンセスハッピーと。



まさに造形美と言う他ない素晴らしい出来。
オーズはバイオライダーなので生物的なエグ味があるSICアレンジとマッチしていますね。
タジャドルの決定版・・・とはアレンジが効いているので言えないのですが、そう言いたくなるほどの出来の良さだと断言できます。
いやもう、適当にポーズとるだけでかっこいいってなんなの。僕の拙い写真でもこれだけかっこいいんですからおかしいですよね。

ちなみに我が家ではジョジョ立ちして飾ってます。妙にしっくりくるんですよねこれ。

ROBOT魂シャドウ

CIMG1656.jpg

ハトが羽ばたく———

web限定でROBOT魂にシャドウが登場。
ライトノベル「フルメタル・パニック!アナザー」で大活躍している量産機ですね。
前作にもちょこっと登場していたのですが、続編で活躍するに辺り一部マイナーチェンジ。特に頭部をイケメンにすることで主役級が乗っても恥ずかしくない子に成長しました。
イケメンだけど量産機、量産機だけどイケメン、そんなシャドウをご紹介。


CIMG1657.jpg
CIMG1658.jpg
CIMG1659.jpg
フロント・サイド・リアビュー。
思いの外マッシヴです。ASシリーズ共通のハードポイントは肩甲骨部分と腰部にあります。

CIMG1661.jpg
近年のROBOT魂らしく膝も肘もよく曲がります。特に膝立ちが綺麗にきまる。
ただデザイン上か腰がほとんど回らないのが残念。

CIMG1662.jpg
先ほどからチラ見せしている単分子カッターだけでなく、ボクサー散弾砲アサルトライフルが付属。
散弾砲はストックを展開して胸部にあてがうこともできます。ちなみに単分子カッターは鞘におさめて背負っています。

CIMG1663.jpg
ASシリーズは武器の共有ができるので、原作通りブレイズ・レイヴンの10式単分子カッターを装備可能。
こうしたバリエーションの豊富さがASの魅力ですね。

CIMG1664.jpg
「待ていッ!」
ユースフ機っぽく。筋肉質な体型なので意外と似合わなかった(言い訳)。




CIMG1665.jpg
CIMG1666.jpg
そしてボーナスパーツであり今回の(個人的)最大の目玉「ドラゴンフライ」です。
ブレイズ・レイヴン用の装備ということでレイヴンに装備させてあげました。レイヴン専用の持ち手も付属。
やっぱり長物はハッタリが効いていいですねー。撮ってて絵になります。

CIMG1668.jpg
パーツの差し替えでハードポイントに取り付けることも可能。その長さ故に取り回しに苦労しますが・・・。
上はせっかくなので全部のせしてみた画像。

CIMG1673.jpg
「逃がすかよ!」
穂先の射出ギミックを再現可能。これはまさかやってくれるとは思ってなかったぜバンダイさん。
安心安定(?)のリード線。

CIMG1669.jpg
CIMG1672.jpg
CIMG1675.jpg
射出ギミックで遊んでみた。ワイヤーの保持がそれなりにはあるので弄っていて楽しいですね。
漫画的なハッタリのきいたポーズがとれて大満足です。

CIMG1677.jpg
CIMG1678.jpg
槍で突き刺して至近距離からショットガンをぶっ放すというコンセプト通り、ショットガンは分離可能
本当、頭良いんだか悪いんだかわからない変態武器ですね(褒め言葉)。

CIMG1680.jpg
ジャキッとポーズ。



ドラゴンフライのオマケ程度に考えていましたが、予想以上に良いものでした。
量産機らしいのにどことなくマッシヴなので絵になりますね。
何よりもドラゴンフライの穂先射出が素晴らしいの一言。やっぱりデカい武器は良いですね!

フルメタは立体化に恵まれているので、本編でうーんと思っても立体を見ると惚れてしまう、なんてことも多々ある憎い作品です。
よし、次はセプターたんを立体化しよう、そうしよう。

【感想】「映画 スマイルプリキュア 絵本の中はみんなチグハグ!」

見てきました、スマイルプリキュアの映画。

正直言うと、スマプリって本編褒める人が多すぎるってのもあるんでしょうが微妙だなって思ってたんですよ。
プリンセスキャンドル登場までの一連の流れとか、真面目にやる回は凄く面白いのにいかんせんそれまでの回がおふざけすぎるし、キャラの掘り下げも薄いなと。
キャラ作りは良いと思うので、キャラありきであまり中身がないなと言うのがここ最近の評価でした。


ところが今回の映画が今まで見たプリキュア映画の中でも屈指の出来だった。

主人公のみゆき=キュアハッピー中心の話だったので話が膨らみすぎることもなく、綺麗に1時間半で収まっていたし、戦闘も迫力があったし、何よりも話が感動的だった。
スマイルプリキュアというタイトルだけあって笑顔をテーマとしたシナリオや、みゆきの大好きな絵本の登場人物たちが所狭しと大暴れする構図。
子ども向け作品らしい教訓めいたお話を、説教臭さを出すことなく上手く表現していました。本当に手放しで絶賛する出来。

まぁみゆきの話で終始一貫しているのでそこは好みが分かれるかな?

もうとにかく、みゆきとニコちゃんが可愛すぎる
ハッピー派(例えば僕)は大満足で、それ以外の人はもれなくハッピーが大好きになれます。Yesプリキュア5の映画もそうですが、やっぱり5人もいるとピンクが優遇されるのは致し方無いですね。5GoGoミルキィローズなんかもかなり活躍してたと思いますけど。
とにかく、みゆきとニコちゃん、二人の関係を1時間半という少ない時間で上手く描いて、二人からドラマを派生させる展開は見事。全体的に王道なんですが、王道って色褪せない良さがあるよね。


特撮とかプリキュア大好きなんであまり人に勧めたりはしないんですけど、
まぁクウガやWは本当に絶賛の出来なんでそこら辺はよく薦めてるんですけど、
この映画は本当にゴリ押ししたいくらい面白かったです。こんなに人に薦めたいと思ったのはWの映画AtoZ以来かも。

本当に、こういうノリを本編でもやってくれたら最高なんだけどなあ・・・。
シリーズ全体で見るとやっぱり初代とMAX HEARTが一番かなと思ったり。


とにもかくにも非常に面白い映画でした。これもう一回見てもいいかも。というかBD購入も十分ありえる


もう少し物語に突っ込んだ話をしたいので続きにも書きます。



続きを読む

ULTRA-ACT グリッドマン

ブレイズ・レイヴン 018
「アクセース・フラーッシュ!!」

ULTRA-ACTより夢のヒーロー「電光超人グリッドマン」が登場。
円谷プロ創立30周年記念作品である今作。1993年の放送ながらもいち早くコンピューターネットワークの世界観を取り入れ、当時まだ普及していなかったインターネットやコンピュータウイルスを登場させた先進的な作品となっています。

グリッドマン異次元ハイパーワールドから逃亡してきた悪魔「カーンデジファー」を追って地球にやってきたハイパーエージェントです。
カーンデジファーとそれに協力する少年武史が生み出した怪獣がコンピューターワールドで暴れ、現実世界にも影響が現れてしまうので、それをグリッドマンは主人公の直人合体して怪獣と戦うことで阻止していく、というのが大雑把なストーリー。

円谷作品だけあってウルトラマン的な要素もあり、グリッドマンがコンピューターワールドにいられる時間は10分間だったり、怪獣と戦うために巨大化する時に上の写真のようなポーズをとったり・・・と。
僕が見たのは円谷なんて全く知らなかった程子どもだった頃なのでウルトラマンパクリっぽいなとか思ってたりしたものです。親戚みたいなものだったんですよね。

ロックマンエグゼのようなネットワーク社会の話なので、時代を先取りしすぎた作品といった印象もありますが、もしエクゼくらいの時代にやっていたらもっと知名度が高かったりもするのかな?特撮好きにはなかなか有名な作品らしいですが、僕が見たのは全くの偶然だったんですよね。
全国ネットでない上に19年前にネットワークの話はやっぱり難解ですよねぇ。個人的に好きな作品なんですけどね。


それはさておき。
そんなグリッドマンがなんとこの21世紀にULTRA-ACTに登場したのでレビューしちゃいましょう。
もう本当、なんでこんな作品拾ったんだと言いたくなるくらい出ただけでも感涙もののアイテムです。
せっかくなので魂ウェブのこのページでOP曲を聞きながら。グリッドマーン エービダンダン エービダンダン カーガヤーケー


ブレイズ・レイヴン+001_convert_20121002234155
ブレイズ・レイヴン+002_convert_20121002234214
いつも通りトップ&リアビュー。

ブレイズ・レイヴン+003_convert_20121002234229
背中のパーツを外すと謎の穴が・・・?
サンダーグリッドマンの鎧を取り付けるためのものでしょうね。サンダーグリッドマンも今から楽しみです。キンググリッドマンも出ないかなー。

ブレイズ・レイヴン 006
回し蹴り的な。股関節が少し緩いのが残念。一応それなりに保持はあるので足をあげたままキープはできますが。気になるならティッシュ辺りを噛ませるといいかな?

ブレイズ・レイヴン 023
劇中でも印象的だった後ろ回し蹴り。適役がいなかったのでライオトルーパーで代役。
残念ながら腰は可動せず胸も左右にはほとんど動かないのでこれ以上上半身を相手側に向けることができません。

ブレイズ・レイヴン 016
割と苦戦するイメージが強かったグリッドマン。

ブレイズ・レイヴン 010
ブレイズ・レイヴン 019
バリアーシールド&プラズマブレード
仲間たちのアシストを受けることで強化され怪獣たちと戦っていくグリッドマンですが、その中でも最もお世話になったアシストウェポンですね。
ブレードはメッキ塗装されているので綺麗です。

ブレイズ・レイヴン 011
ブレイズ・レイヴン 014
バリアーシールドとプラズマブレードを合体させ、電光雷撃剣グリッドマンソード
残念ながら、グリッドマンソードをさらに変形させることで使えるサンダーアックス付属していません。一回しか使ってないからですかね。
こちらも刀身はメッキ塗装されている為綺麗。

ブレイズ・レイヴン 012
膝立ち。肘膝ともによく可動しますが、流石にROBOT魂のブレイズ・レイヴンなんかと比べるとそこまで曲がるわけではないですね。
しかし腕の肘から先がロールするのは素晴らしい。左腕にグラン=アクセプターをつけているのでそういった細かいところでも表情付けができますね。

グリッドビーム
「グリッドォォォ……ビィィィィ――――ム!!」
必殺のグリッドビームを付属のエフェクトパーツで再現。正直本編よりかっこいいぞこのエフェクト。

ブレイズ・レイヴン 022
やや別の角度から。グリッドビームエフェクトは尖っているので刺さらないよう注意です。
ところで、グリッドマンの声優さんは緑川光さんだったと知って驚き。今と声違いますよね、多分。


というわけで以上ULTRA-ACTグリッドマンでした。
股関節が緩いのと腰ロールがしないのが残念ですがそれ以外は文句なし。というか出ただけでもう感涙モノです。
このままどんどんグリッドマン関連が商品化されると嬉しいですね。とりあえずはサンダーグリッドマンが楽しみです。
プロフィール

グラス

Author:グラス
最近はTwitterメインなんでそっちを見た方が良いかも…。
http://twitter.com/glas51
最近何が好きなのかよくわからなくなってきたけどイリヤ愛なら誰にも負ける気がしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメエロゲ関連

follow glas51 at http://twitter.com
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。