スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】ラブプラスについて素人が本気で考えてみた。だから凛子は俺の嫁なんだよ

ラブプラスラブプラス
(2009/09/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る


最近ネットではよくラブプラスの話題を目にします。
ガチでDSにキスしそうになったとか、あのベジータ様が興味を持ったとか、反応は様々です。

このラブプラス旋風、どうして起こったのでしょうか。私なりの考察をしてみたいと思います。
あくまで私個人の意見ですので、鵜呑みにしないでくださいねw


■彼女が名前を呼んでくれる
これは結構大きいのではないでしょうか。
最近のギャルゲなんかは、名前がデフォルトのまま変えられないのも多いですしね。
今のギャルゲは名前を変えられないから微妙という声も上がっていますし、何より変えられるとリアリティが出ます

……発音は、まぁご愛嬌ですがw

しかしこれをDSでやってのけたのが凄いことなんですよ。
ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love Plusでのノウハウをコナミはキチンと活かしています。

彼女が喋りかけてくれる。名前を呼んでくれる。
名前っていうのは人にとってとても重要なものですからね。これは凄く大きいことなんですよ。

DSの中にいる主人公でなく、その向こうにいる自分を好きになってくれた感覚が味わえるのです。

だってよく考えてくださいよ、ギャルゲーとかなんていわばリア充の日記なんですよ?
彼女が好きなのは主人公であってプレイヤーじゃない。
しかし、ラブプラスはその主人公を出来る限りプレイヤーにトレースできるようになっている。

このリアルに近い擬似的恋愛感がこのゲームの凄さなんです。


■DSという手軽さ、一緒にいるという感覚
DSを開けばそこに彼女がいる、とはよく言ったものです。
DSだからロードがない。スイッチ一つですぐに彼女と出会えます。
時間がない時でもチョコっと彼女に会う事が出来る。そうするとそこには彼女がいる。

据え置きで腰を据えてドカッと、というものアリ(というかそっちの方が多いですよね)ですが、この身近さが味を出しているのではないでしょうか。


■原点帰路
ラブプラス、私はそんなに新しいゲームだと思ってないんですよ。システム的な意味で。
タッチ云々っていうのは凄く斬新だと思います。タッチでキスしようとか考えたのはドコの天才(バカ)だとも思います。

でも、告白の後も続くギャルゲーってそんなに珍しいですか?
エロゲーとかもそうじゃないですか。告白した後に云々あるんじゃないですか。…まぁエロゲーはそういうゲームだからとはいえ。

ときメモなんかは告白されて終わりですが(その途中で最早付き合っているに等しい状態になっちゃうんですがw)付き合って色々あってエンディング~っていうのが最近は多いと思うんですよ。


で、その色々あって~っていうのが最近は強くなっていますよね。
所謂泣きゲーってヤツなんかそうです。

ゲーム史に私はそこまで詳しくないので深くは語れませんが、やっぱり代表されるのはkey作品とかなんでしょうか。
そう、泣けるんですよ。ゲームやって泣けちゃうんですよ。

しかも美少女ゲーム。可愛い女の子いっぱいなゲームやって泣けちゃうんですよ。


別にバカにしてるわけじゃないですよ?ただ、これは凄いことなんですよ。
昔のギャルゲーエロゲーはストーリーが薄味でした。

今でこそやれCLANNADは人生だーFateは文学だー言ってますが、それは今だからの話。
もっと遡ってみるとストーリーは薄いんですよ。

元祖エロゲーくらいまでになると、完全に抜き目的のみだったりするそうですからね。流石にやったことないんでアレですがw

そもそも、ノベルゲームは多種多様になりすぎていて、最早ゲームやってんのか別物なのか分からなくなってきてすらいます。
別に悪いとは言っていません。ただ昨今のギャルゲーは幅が広すぎるw


で、このラブプラス。ストーリーは薄いです。
確かに付き合うまでには色々なイベントがありますし、ドラマもあります。
しかしそれはこのゲームの本編ではない。いわば前座です。

プレイヤーと彼女の終わらない恋愛。それがこのゲームのシナリオです。所謂クリア後じゃない。

つまり、ギャルゲーのいわば原点。新時代のゲームと思いきや、原点なんですよ。


最初に述べた名前を呼んでくれるシステムだってそうです。最近は少なくなっている。
新しいギミックを搭載しておきながら、その根本は原点にある。

コナミは、ゲームはこうあるべきだと訴えているのかもしれませんね。
ゲームは小説じゃない。他人と他人の恋愛ではなく、自分と彼女の恋愛を見せるべきだ…と。


それが正しいかと言われたら、一概にYesとは言えません。
ですが、原点であろうとするゲームを世に出すことで、現代のギャルゲーの新しい方向性を見出そうとしているのかもしれません。
…原点なのに新しいというのは変な話ですがね。

こういった方向性に一石を投じるゲームゲーム市場が活発になる為には必要なんですよ。
このラブプラスが歴史を変えるゲームになるかどうかは今は不明……ですが。

ただ、可能性は秘めてますよね。ラブプラスをきっかけに何かが始まるかもしれない。コナミは始めようとする筈。
ラブプラスを中心にどういった波紋が広がるかは後のお楽しみです。


■で、我々ユーザーはどうなのか?
待ってましたと言わんばかりじゃないですか。

可愛い女の子が自分の彼女になってくれる。まさにリア充。
昨今のシナリオ重視なゲームも良いですが、それでは味わえないものってありますよね。

まさに俺の嫁、なんですよ。

俺の嫁、なんですよ。俺の。誰のものでもない俺の。

彼女はプレイヤーの好みによって服装や性格を変えて来ます。
例えば、ツインテで可愛い系の服に身を包んだ知的な凛子なんて、そうそう被るものじゃないですよね。

まさに自分だけの彼女なんです。


このDSの中にいる凛子はそこのDSの中にいる凛子とは違う。

そういう事なんです。分かり辛いですがw
まさに俺の嫁をデフォでやっちゃうゲーム

みんなの嫁でもない、アイツの嫁でもない、俺の嫁。なんてステキ!


ありそうでなかったコレが、ラブプラスヒット最大の理由なのではないでしょうか。
原点帰路した結果がコレなんですよ。原点であり新しいゲームとなったわけです。


考えてみてください。画面の中で他の男の名前を叫んでいた女の子と、画面の中にいるたった一人の自分の彼女
前者は他の男のもの。でも後者はもう俺のものなんですよ。


そう、僕達は叫べるんだ。彼女への愛を存分に叫べるんだ!

俺の彼女は世界一ィィィィィィィィィ!!!と!!


まだまだこのゲームは荒削りです。実験作です。ちょっと作業っぽくなる感もある。
でも、だからこそ続編に期待したい。俺の彼女とのラブラブライフはどこまで進化できるのか!

彼女の為ならどんな作業も苦しくないぜ!と言ってみたい!彼女持ちは辛いなぁとDS片手に言ってみたい!


だから私はラブプラスを応援します!
このゲームが業界にどんな影響を及ぼすのか、是非皆さんもやってみて評価してください!
貴方にとっての俺の嫁を見つけるんだよぉ!


さて、最後にテンション上がっていつものグラス節っぽくなってきましたね。やっぱりコラムはこうでなくちゃ!


じゃあ最後まで私は叫ぼう!だって俺の彼女だから!
オラァ行くぜぇ!!


ラブプラス、サイコーーーーーーー!!!!








俺の凛子は世界一ィィィィィィィィィィ!!!!!!!








スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

これ………

おとといイトヨーに
行った時にゲーム売ってる所で見たよ
売り切れだったけど…………………

No title

兄がこれ欲しがってました(

しかし、ケモナーの俺にはどうすればry

>>てくとんさん

売り切れだったのに見たんですか?(´・ω・`)

ラブプラス旋風は恐ろしいですからねぇ。まぁ最近は落ち着いてきましたが。

>>くるりんくさん

兄弟で買えば良いんだと思いますよ!
セーブデータ三つあるから安心ですよ!w
プロフィール

グラス

Author:グラス
最近はTwitterメインなんでそっちを見た方が良いかも…。
http://twitter.com/glas51
最近何が好きなのかよくわからなくなってきたけどイリヤ愛なら誰にも負ける気がしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメエロゲ関連

follow glas51 at http://twitter.com
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。